MENU

購入に関するお問い合わせ

TEL受付時間:平日 9:30-17:00(土日祝日休み)

操作に関するお問い合わせ

Webセミナー オンライン商談会

IJCAD Electrical 電気設計用CAD

盤設計に必要な機能を標準搭載した本格的な電気設計CADです。

特徴

データベースの搭載により回路図と各種帳票がシームレスに連携します。

MOVIE

電気設計に必要なさまざまな機能を標準搭載

IJCAD Electricalは電気設計に必要な「ページ管理」「シンボル」「線番」「リファレンス管理」「帳票作成」等の機能は全て標準搭載されたフルスペック電気設計CADです。

簡単な操作で回路設計が行えるだけでなく、手戻りを防ぐ各種エラーチェック機能がついています。

診断するどの製品が合っているかを診断します。

実績をみる

「AutoCAD」互換性No.1。国内導入実績67,000本突破。
設計に関わるあらゆるシーンで活用いただいています。

機能

IJCAD Electricalは、電気設計に必要な機能を標準搭載したフルスペック電気設計CADです。
必要な機能を搭載しながら圧倒的な低価格を実現しています。

図面種類 機能 IJCAD Electrical 2020
LT PRO
回路図
回路図|シンボル配置

シンボル入力

デバイス入力

リレー参照接点配置

シンボル作成

端子番号自動入力

回路図|ページ管理

ページ管理機能

回路図|パターンの運用

パターン作成配置

電気特性容量等の変更

回路図|クロスリファレンス

リレーリファレンスの確認

アドレス、接点表の表記

その他機器リファレンスの確認

その他機器リファレンスの表記

渡り線番設定

渡り線番確認

回路図|配線

一般配線

シールド

ツイスト

線番マニュアルページ

ワイヤー情報

ケーブル情報

回路図|チェック機能

機器番号重複

コイル無接点

線番重複

接点数オーバー

端子台端子数オーバー

外形図|機器配置図

外形シンボル配置

デバイス配置

回路参照機器配置

干渉チェック

外形図|穴あけ

穴あけデータ表示

外形図|ケーブル

ケーブルダイアグラム作成

外形図|端子台

端子台作成

帳票|帳票

ワイヤーリスト

ケーブルリスト

From Toリスト

部品表

回路帳票連携

端子台表

部品データベース|デバイス

デバイス情報

部品データベース|機器データ取得方法

デバイス情報

カスタマイズ|カスタマイズ性能

API

〇…実装済 △…今後のバージョンで実装予定 ×…未実装
※上記仕様は、予告なく変更されることがあります。

データベースを使った帳票作成

IJCAD Electricalは使用機器情報や接続情報を専用のデータベースに随時登録をしています。

そのため、これまでの国産電気CADのように一度CSV等で文字情報を書き出す必要がなく、作成途中でも簡単に部品表や接続リスト等の帳票を作成することが可能です。各帳票データは一括出力の他、ロケーション単位での出力もでき、メンテナンス性に優れた帳票作成を実現しました。

また各種帳票データは図面内に配置するだけでなく、指定のExcelに挿入したり、CSV出力をすることもできます。

DBマネージャー

IJCAD Electricalのデータベースで管理されている内容はDBマネージャーで確認することができます。

DBマネージャーはページ、ロケーション単位で使用機器や使用端子台情報を確認できるだけでなく、自動反映や将来的な干渉チェックのエラー等をまとめて表示することも可能です。

回路図、部品表、実装図の連携

設計変更による回路図の変更に伴い、部品表、実装図のデータを自動修正します。

※ 回路図と部品表の連携はVer1で実装済です。

部品ライブラリ(カタログ)

シンボルに対して部品ライブラリ(カタログ)から選択した機器を割り当てることで、製品の型番、定格容量、接点数を管理できます。

部品ライブラリ(カタログ)は今後Webサイトからも入手可能になり、現在は未対応ですが、三菱、オムロン、富士電機、シーメンス、ABB、日本圧着端子等のメーカーのリレー、ブレーカー、端子台、モーター等の部品が登録されていく予定です。

フリーシンボル

フリーシンボルはCPUやタッチパネル等、規格シンボルの無い、形や大きさがまちまちな機器をシンボルとして扱うための機能です。

矩形や多角形で形状作成後、端子(配線接続ポイント)、属性を入力しシンボルと同様に扱います。

パターンボックス

よく使う回路や標準ユニット、I/O割付表等をパターンボックスで囲むと、繰り返し使えるパターンとして登録することが可能です。

パターンはDWGのブロックとは違い、配置後配線、シンボル等の要素ごとのデータになるため、その後の変更も容易です。

スペックホルダー

パターンボックスで設定したパターンに対して、グループ化したスペック(シンボル属性)を割り当てることができます。

例えば内線規程等の負荷容量ごとにスペックを作成した場合に、負荷容量の変更によって、配線経、ブレーカー容量等を自動で変更することが可能です。従来電気設計者が考慮するべきことを、自動で反映してくれるため、大きな効率化を実現します。

筐体作成から中板作成までをパラメトリック設計

幅、高さ、奥行、板厚などを設定することで、側面図、上面図等の作成が全自動でできます。

回路仕様機器を確認しながら実装図(組立図)を作成

回路図で使用した機器を確認しながら実装図を作成できます。

作成した実装図の内容は正面、側面、上面等の筐体図に自動反映します。

回路チェック

IJCAD Electricalで作成された回路図では、整合性チェックを行うことができます。

チェック項目は、器具番号の重複、未入力や線番重複、接点数オーバー等があり、人為的なミスを防ぎ図面の品質を飛躍的に向上させます。

クロスリファレンス機能

IJCAD Electricalは、従来の電気CADと異なり図面内に配置された全ての機器の同期をとっています。

この機能により設計変更時の修正箇所の把握が容易になり、設計変更に柔軟に対応することができます。もちろん、リファレンス情報の表記は自由に変更可能で、自社指定のリファレンス表示をすることができます。

実装図修正に伴う2D干渉チェック

回路の設計変更により実装図の部品が変更、実装図の機器シンボルが自動変更されます。

この時、仮に実装図の機器シンボルのサイズ違いによる干渉エラーがあった場合、干渉チェックを行いエラーボックスに表示します。

価格表

定価 (税別)

IJCAD Electrical 2020 スタンドアロン版 USB版 ネットワーク版
永久ライセンス LT

¥160,000

¥195,000

¥195,000

PRO

¥500,000

¥600,000

¥600,000

メンテナンス・
サブスクリプション
パッケージ定価の25% / 年
LT

¥40,000/年

¥48,750/年

¥48,750/年

PRO

[必須]¥125,000/年

[必須]¥150,000/年

[必須]¥150,000/年

ライセンスマネージャー・
サブスクリプション(1サーバー毎)

¥100,000/年

ネットワーク版は、メンテナンス・サブスクリプション、
ライセンスマネージャー・サブスクリプションが必須と
なります。また、最低3ライセンスからのご購入となります。

インストールDVD

¥5,000

各商品にインストールDVDは付属しておりません。プログラムは
IJCADサイトよりダウンロードとなります。インストールDVDが
必要なお客様は別途インストールDVDをご購入ください。

※IJCAD Electrical PRO はご使用頂く上で、サブスクリプションの契約が必須となります。
※スタンドアロン版、USB版、ネットワーク版の違いはこちらをご覧ください。

診断するどの製品が合っているかを診断します。

カタログダウンロードカタログをPDF形式でダウンロードしていただけます。

動作環境

CPU Core i5 以上を推奨
RAM 最低動作環境:2GB
推奨動作環境:8GB以上
※図面データの容量によってはより高いRAM環境が必要になる場合があるため、64bit OS推奨
HDD 700MB以上
ディスプレイカード 推奨動作環境:2GB GPU
(Intel(R) HD Graphics 4000などのオンボードグラフィックでの動作実績もあり)
対応OS Windows 8.1 ※1
Windows 10 バージョン1909
※1 原則IJCAD 2020の使用環境に準じますが、Windows8.1での動作確認は行っておりません。
※2 64bit OS 推奨
[ネットワークライセンスの場合]ライセンスサーバーの動作環境 Windows Server 2012 R2
Windows Server 2016
Windows Server 2019
その他 .Net Framework4.8がインストールされている環境
DVD-ROMドライブ(※DVDからインストールを行う場合)

メールアドレスの登録だけでOK!
体験版をお試しください

全ての機能が試せて30日間無料

体験版ダウンロード