MENU

購入に関するお問い合わせ

TEL受付時間:平日 9:30-17:00(土日祝日休み)

操作に関するお問い合わせ

Webセミナー オンライン商談会

IJCAD 2020 汎用CAD

AutoCADとの高い互換性を実現。
従来の互換CADにはない上質で快適な操作性を実感できます。

特徴

IJCAD 2020のバージョンアップの目玉機能を紹介しています。

MOVIE

AutoCADとの高い互換性

IJCADは、AutoCADユーザーが戸惑うことなく利用できるよう各種コマンド・ダイアログデザインの雰囲気をAutoCADに似せて作られています。そのため、他の互換CADにありがちな「コマンドが見つからない」「設定がわからない」という戸惑いは、ほとんどありません。

AutoCADユーザーであれば、移行のためのトレーニングなしに直ぐにご利用いただけます。

AutoCADとの高い互換性

従来の互換CADにはない上質で快適な操作感

IJCADは、アイコンやダイアログのデザインをシンプルで使いやすく、しかも心地よい操作感を味わえるよう心掛けて作られています。たとえ美しいデザインでも操作感に悪影響があるようなものは採用しません。一方、余りにも殺風景で古いデザインでは使っていて楽しくないものです。

IJCADは、常にアプリケーションデザインのトレンドを考慮し、ユーザーが一番心地よく利用できるデザインを追及しています。

従来の互換CADにはない上質で快適な操作感

大容量図面にも対応

IJCADは、64bit対応により大容量データも扱えるようになりました。こちらの画像は、70MBの地図データを8面に複写したもの(560MB)です。このデータでも、作図・編集が可能となりました。

※データ要素の種類により対応可能な容量に差異があります。
※ノートPC 2015年モデルで評価 (Windows 10 , Core i 5 , 12GB メモリ , 128 SSD)

大容量図面にも対応

リーズナブルな価格

既に2次元CADのテクノロジーは成熟しており、新しい技術革新はほとんどありません。互換CADメーカーが開発を継続して行っていけば、いずれ純正品と同レベルの品質・性能に到達するのも時間の問題でした。

低価格であっても、このIJCADは、AutoCADの補完的な利用ではなく、主力CADとしての実力を既に備えています。是非、お試しください。

リーズナブルな価格

診断するどの製品が合っているかを診断します。

実績をみる

「AutoCAD」互換性No.1。国内導入実績67,000本突破。
設計に関わるあらゆるシーンで活用いただいています。

機能

IJCAD は、新しい日本語用 SHXフォントを搭載。extfont2.shx などを利用した図面ファイルを開く場合
旧来はあらかじめフォントの環境設定が必要なことがありましたが、 その必要がなくなりました。

その他、各コマンドの細かな動作などがより近年の AutoCAD に近い形に最適化されており、
AutoCAD互換CADの IJCAD、IJ_IntelliCAD、IJCADX、全てのユーザーによりよいCAD環境を提供します。

機能 機能紹介 IJCAD Auto CAD
2020 2019 2018 2017 2016 8 LT2019 2019
LT STD PRO
動作環境/インターフェス
対応ファイル
主な機能
印刷
ファイル参照・ブロック
文字・寸法機能
3D
開発・カスタマイズ
ライセンス種類
ネットワークライセンスの機能

●上位グレードの機能 △部分的or条件付きサポート ×非サポート
※上記仕様は、予告なく変更されることがあります。

PDFファイルの読み込み機能(LTのみ非対応)

IJCAD の PDF → CAD 変換機能は、PDFファイルをイメージ参照のように表示するアンダーレイ機能とは異なり、PDF図面データをCADのデータとして読み込む機能です。

※CADデータをPDF書き出ししている場合に限ります。
変換したい PDF図面をCADデータとして取り込むため、取り込み後に編集・加工を行うことができます。 PDFファイルでしか保存されていない図面の再利用に活用できます。複数ページの PDFファイルも一括で変換可能です。IJCADではページをタイル状に読み込む事も可能です。

PDFファイルの読み込み機能(LTのみ非対応)

JWW変換機能(LTのみ非対応)

Jw_cadで作成されたJWW/JWCフォーマットの図面の読み込みができます。また、IJCADで作成した図面をJWW形式で書き出すこともできます。

充実したオプションで、読み込み・書き出しの設定をカスタマイズでき、Jw_cadライクな画層管理機能も搭載可能です。
JWW変換機能(LTのみ非対応)

SXF変換機能(LTのみ非対応)

SXF形式で作成された図面を読み込み、IJCAD上で編集後、SXF形式で書き出すことができます。
従来、IJCAD Civilに実装されていたSXF変換が、IJCAD 2018からSTD以上のグレードで利用できるようになりました。

SXF変換機能(LTのみ非対応)

図面比較機能(LTのみ非対応)

2つの図面の差異を比較する機能で、修正や削除等を行った箇所をその内容によって色分けします。

既存図面を基に修正をかけた場合、原本と差異が生じている修正箇所を、4種類に色分けして表示します。

図面比較機能(LTのみ非対応)

図形比較機能(LTのみ非対応)

図面内で選択した、2つの図形の差異を比較し、結果を同じ図面内に配置するか、新たな図面に出力します。

図形比較機能

ダイナミックブロックをサポート

ダイナミックブロックのグリップ操作に対応しており、設定されたアクションを視覚的に操作できます。

PROグレードには、ブロックエディタが搭載されているので、AutoCADで作成されたダイナミックブロックだけでなく、IJCADでも新たにダイナミックブロックを定義することができます。

ダイナミックブロックをサポート

ダイナミック入力

AutoCADライクなダイナミック入力に対応しています。
コマンドでのオプション選択や距離、角度の入力が可能です。

ダイナミック入力

ファイルタブ

開いているファイルをタブ表示する機能をサポート。
複数ファイルに切り替えもワンクリックで行うことができます。

ファイルタブ

リボンUIとスタイル

リボンUIと従来のニューUI(クラシカルインターフェース)をサポートしていて、ボタン1つで簡単に切り替えることができます。

また、ウィンドウの印象を変えるインターフェースのスタイルも切り替えることが可能です。

リボンUIとスタイル

パブリッシュ(連続出力)

パブリッシュ機能を標準搭載しています。ファイル内のモデル・レイアウトだけでなく、複数のファイルから任意のモデル・レイアウトをDWFやプリンタへ一括で出力することが可能です。

パブリッシュ(連続出力)

オブジェクトスナップの新オプション

オブジェクトスナップに、IJCAD独自のオプションが追加されました。

端点からの距離またはオブジェクトの分割数を指定してスナップさせることができます。

オブジェクトスナップの新オプション

コマンドのカスタマイズに対応

使い方に応じてコマンドの設定をカスタマイズできます。

リボンメニューの追加・編集、ツールバーの追加・編集、カスタマイズコマンドの登録も可能です。

コマンドのカスタマイズに対応

スクリプトジェネレータ(LTのみ非対応)

スクリプト処理を1つ、または複数の図面へ一括で適用させることができます。

また、スクリプト用のテンプレートを作成し、保存することも可能です。

便利な拡張機能(LTのみ非対応)

AutoCADのExpressTool相当のコマンドと、独自に開発された便利なPLUSコマンドが搭載されています。

特に包絡処理、3図形接円はよく利用されている拡張機能です。

便利な拡張機能(LTのみ非対応)
包絡処理:1コマンドで適切な包絡の処理がなされます
便利な拡張機能(LTのみ非対応)
3図形接円:クリップポイントにより他候補も表示されます

FlexNetの採用

ネットワークライセンス管理のソフトに、AutoCAD、Solidworks等主要なCADと同じFlexNetを採用しています。

サーバー故障時の対応として、単一・代替・冗長のサーバー構成の選択や同一サーバー・同一ログ記録・表示ツールも利用することができます。また、AutoCADとの同一サーバーでの管理も可能です。

3Dソリッドモデリング機能(PROのみ)

IJCADは、簡易なモデリング機能を搭載しています。

3Dソリッドモデリング機能(PROのみ)

ツールパレット

よく使うブロックやコマンドなどを配置しておき利用することができます。

ツールパレット

価格表

定価 (税別)

IJCAD 2020 スタンドアロン版 USB版 ネットワーク版
永久ライセンス LT

¥55,000

¥70,000

¥70,000

STD

¥75,000

¥90,000

¥90,000

PRO

¥100,000

¥120,000

¥120,000

メンテナンス・
サブスクリプション
パッケージ定価の25% / 年
LT

¥13,750/年

¥17,500/年

[必須]¥17,500/年

STD

¥18,750/年

¥22,500/年

[必須]¥22,500/年

PRO

¥25,000/年

¥30,000/年

[必須]¥30,000/年

ライセンスマネージャー・サブスクリプション
(1サーバー毎)

¥100,000/年

ネットワーク版は、メンテナンス・サブスクリプション、
ライセンスマネージャー・サブスクリプションが必須と
なります。また、最低3ライセンスからのご購入となります。

インストールDVD

¥5,000

各商品にインストールDVDは付属しておりません。プログラムは
IJCADサイトよりダウンロードとなります。インストールDVDが
必要なお客様は別途インストールDVDをご購入ください。

※スタンドアロン版、USB版、ネットワーク版の違いはこちらをご覧ください。

診断するどの製品が合っているかを診断します。

実績をみる

「AutoCAD」互換性No.1。国内導入実績67,000本突破。
設計に関わるあらゆるシーンで活用いただいています。

カタログダウンロードカタログをPDF形式でダウンロードしていただけます。

動作環境

CPU Core i5 以上を推奨
RAM 最低動作環境:2GB
推奨動作環境:8GB以上
※図面データの容量によってはより高いRAM環境が必要になる場合があるため、64bit OS推奨
HDD 550MB以上
ディスプレイカード 推奨動作環境:2GB GPU
(Intel(R) HD Graphics 4000などのオンボードグラフィックでの動作実績もあり)
対応OS Windows 8.1
Windows 10 バージョン1909
64bitOS 推奨
[ネットワークライセンスの場合]ライセンスサーバーの動作環境 Windows Server 2012 R2
Windows Server 2016
Windows Server 2019
その他 .Net Framework4.8がインストールされている環境
DVD-ROMドライブ(※DVDからインストールを行う場合)

メールアドレスの登録だけでOK!
体験版をお試しください

全ての機能が試せて30日間無料

体験版ダウンロード